ベトナム観光ビザ申請の代行について

このベージでは、べトナム渡航時に必要なベトナム観光ビザのについてご案内いたします。

ベトナムビザは、当社で申請代行する場合申請してから取得まで即日~5日営業日かかります。
以下、日本でベトナムビザを申請するうえでの手順や代行料などをまとめておりますので、ベトナムビザ申請の際は、是非ご一読ください。

VISA TIPS!ベトナム観光渡航30日ルールについて
ベトナムへ入国しようとする日本国籍渡航者は、15日間以内で滞在目的が観光や業務目的の場合に限り、ビザ取得を免除されています。
ただし、免除されるのは、直近30日間以内で1回だけです。(30日ルール)
ベトナムを出国してから30日を経過していないと、ビザなしでは再入国できません。これが意外と厄介で、商談が短期のうちに何度もあったり、ベトナムを拠点として近隣諸国を往復したり、また、乗継ぎ上やむを得ず2度目の入国をしなければならないケースがあったりすると、再入国のためビザを取得しておく必要があります。

1.ベトナム観光ビザの種類と滞在条件など

1-1.ベトナム観光ビザの種類

ベトナム観光ビザは、有効期間と入国回数により区分されます。

1-1-1.ベトナム観光ビザ1ヶ月間シングル

ビザ有効開始日から最長1ヶ月間のベトナム滞在が可能で、ベトナム入国回数は初回1回のみです。

1-1-2.ベトナム観光ビザ1ヶ月間マルチプル

ビザ有効開始日から最長1ヶ月間のベトナム滞在が可能で、ベトナム入国は回数制限のないマルチプルエントリーです。

1-1-3.ベトナム観光ビザ3ヶ月間シングル

ビザ有効開始日から最長3ヶ月間のベトナム滞在が可能で、ベトナム入国回数は初回1回のみです。

1-1-4.ベトナム観光ビザ88日間マルチプル

ビザ有効開始日から最長88日間のベトナム滞在が可能で、ベトナム入国は回数制限のないマルチプルエントリーです。

1-2.ベトナム観光ビザの有効開始日を決める

ベトナム観光ビザの有効開始日の決定は申請者の任意です。
アメリカビザやインドビザなどはビザ承認日(ビザ発給日)が有効開始日となりますが、ベトナムビザの場合は、例えば、2019年12月10日にビザを申請するとき、「2020年1月20日から有効にしたい」と申告すれば「2020年1月20日」から有効なビザが発給されます。
ただし、これは2020年1月19日以前は「無効」を意味しますので、ベトナム渡航が早まる可能性がある場合は余裕をもって有効開始日を設定しましょう。
尚、一度決定したベトナムビザ有効開始日を変更する場合は、ビザの再申請が必要です。

1-3.ベトナム観光ビザの取得所要日数

申請日から即日~5日営業日かかります。
尚、所要日数には、日本の土日祝日やベトナム大使・領事館の休館日は含めません。

2.ベトナム観光ビザ申請 必要書類

2-1.パスポート原本

パスポートの残存有効期間は、ビザ申請時に希望するビザ有効期間+1ヶ月以上(大阪で申請する場合は3ヶ月以上)あること。
また、ビザ申請時、パスポート査証欄の未使用ページが2ページ以上残っていることが必要です。
これらの条件をクリアしていない場合はパスポートを再取得のうえ申請してください。

2-2.ベトナム観光ビザ申請書

ベトナム観光ビザ申請書は、厳密な作成規定があることから弊社でお客様がご提出いただく「ベトナム観光ビザ申請お伺い書」に基づき作成します。

2-3.ベトナム観光ビザ 証明写真

必要枚数や撮影方法

  • 必要枚数;1枚※
  • サイズ;縦4cmx横3cm~縦4.5cmx横3.5cm
  • カラー写真※白黒写真は不可
  • 背景は無地※影や景色が写っているものは受付できません
  • 正面を向いていること
  • 頭頂から肩まで写っていること
  • 申請日から6ヶ月以内に撮影したもの
  • ※ルーズリーフビザ(loose-leaf visa。パスポートに貼付されず別紙発行されるビザ)発行対象の国籍の方は証明写真が2枚必要となります。

ベトナムビザ申請時の証明写真

ベトナムビザ申請時の証明写真

※証明写真とは、提出先(ベトナム政府)が定めた撮影条件に則って作成された写真をいいます。日常を切り取ったスナップ写真やレタッチが施されたポートレート写真などは受付できません。街中の証明写真機でもうまく撮影できない場合は、カメラのキタムラさんや最寄の写真屋さんなどで作成のうえご提出ください。

2-4.ベトナム観光ビザ 補足書類

2-4-1.在留カードのコピー

外国籍の方で在留カードの表・裏面のコピーが必要です。

2-4-2.証明写真2枚

中国国籍の方でパスポート番号が「E」から始まるパスポートを持っている方は、証明写真が2枚必要です。

2-4-3.保護者委任状

14歳未満の未成年者が保護者から委任を受けた同伴者と渡航する場合、保護者からの委任状(同意書:様式自由)が必要です。

2-4-3.ベトナム領事部が要請する書類

申請者の国籍や背景により、ホテルバウチャーやeチケットなどを求められることがあります。

3.発行されたベトナムビザの記述内容について

ベトナムビザ画像

ベトナムビザ画像

  • ①ビザの有効期間;左の日付が開始日、右の日付が有効期間満了日です。
  • ②ビザ・カテゴリー(種別);主な種別はDL観光、DN商用、HN会議参加などがあります。
  • ③ビザ発行日
  • ④ベトナム入国回数;シングル1回、または、3回以上入出国できるマルチプルがあります。

4.ベトナム観光ビザ申請手数料やお申込みからビザ発給までの流れ

4-1.申請手数料一覧表

申請内容ベトナム入出国回数ビザ費用~所要約5日間備考
■日本国籍の渡航者
1ヶ月間以内滞在用シングル(1回)8,500円+消費税850円=9,350円*業務の場合、現地入国管理局の許可番号が必要です。
*即日取得申請は、緊急手数料10,800円が別途必要です。
*即日取得申請では、申請日前日までに必要書類がすべて揃っていることが前提です。

マルチ(複数回)13,500円+消費税1,350円=14,850円
3ヵ月間以内滞在用シングル(1回)11,500円+消費税1,150円=12,650円
88日間以内滞在用マルチ(複数回)18,500円+消費税1,850円=20,350円
■外国籍の渡航者
中国国籍の方日本国籍用上記各料金に+8,800円(=8,000円+消費税800円)*取得所要日数は7営業日を目安とします。
*証明写真は2枚、在留カード表裏面コピーが必要です。
アメリカ国籍の方1年マルチのみ34,500円+消費税3,450円=37,950円*消費税込み
指定国籍の方※1ヶ月観光シングルのみ17,500円+消費税1750円=19,250円*上記必要書類に加え、在留カード表裏面コピー、eチケットや英文航空券予約確認書、及び、宿泊ホテル予約確認書、または、ホテルバウチャーが必要です。
上記以外の国籍の方日本国籍用上記各料金に+7700円(=7,000円+消費税700円)*上記必要書類に加え、在留カード表裏面コピー、宿泊ホテル予約確認書、または、ホテルバウチャーが必要です。
指定国籍の国々
インド・北朝鮮・スリランカ・ネパール・バングラデシュ・東ティモール
グレナダ・ジャマイカ・トリニナード ドバゴ・ナウル・ハイチ
アフリカ:アフガニスタン・アラブ首長国連邦・イラク・イラン・ウガンダ・エジプト・カタール・カメルーン・ガーナ・クウェート・ケニア・コソボ・コンゴ・サウジアラビア・ジンバブエ・セネガル・シエラレオネ・スーダン・チュニジア・トルコ・ナイジェリア・パキスタン・マリ・南アフリカ・モザンビーク・モロッコ・ヨルダン・リビア・レバノン

4-2.お申込みからビザ(または渡航認証)取得までの流れ

1.お客様~お伺い書を提出いただきます
お伺い書(お申込みフォーム)をWEB送信、FAXにて提出いただきます。
プライバシーポリシーにご同意の上お申し込みください。
arrow
2.弊社~請求書と取得スケジュールをご案内します
弊社で受付しましたら、請求書とビザまたは渡航認証取得スケジュールをご案内します。
arrow
3.お客様~お支払いと必要書類を提出いただきます
指定期日までにお支払いと必要書類提出手続きをお済ませください
※お支払い方法は、銀行振込またはクレジットカードを利用できます
※必要書類の提出は、弊社店頭または郵送やFAX、eメールなどで受け付けています。
支払い方法はこちら
利用規約を必ずお読みください
arrow
4.弊社~ビザ(または渡航認証)申請
ご入金や必要書類が揃いましたら速やかに申請手続きをいたします。
arrow
5.弊社~ビザ付パスポート返却、渡航認証承認を通知します
ビザ(または渡航認証)を取得しましたら、速やかにビザ付パスポートを返却または承認通知をご案内いたします。
お客様への受け渡しは、弊社店頭、郵便ゆうパック(送料受取人払い)、eメール、FAXなどがあります。
arrow
6.手続き完了!
お客様はビザ(または渡航認証)を確認し手続き完了です。 よいご旅行になりますように!

5.お申込みフォーム|ベトナム観光ビザ申請お伺い書*SSL暗号化通信

お申込み方法を選択いただき、申告内容を送信(またはFAX,郵送,ご持参)ください。
弊社で受付いたしましたら、請求書やビザ(渡航認証)発給スケジュールをご案内いたします。

  • 「お伺い書をフォーム入力する」ボタン;弊社サイト上で申告内容を入力のうえ送信ください。
  • 「お伺い書 FAX,郵送用.pdf」ボタン;手書きにて又はpdfに書き込みのうえFAX、郵送、メールにてご提出ください。

フォーム入力FAX,郵送お伺い書