インド、バングラデシュ、ベトナムのビザ申請はビザ申請.JPへ!

パスポート発行地の確認方法~パスポート交付官庁や海外発行のパスポートの見分け方

パスポートの発行地について

パスポートは日本国内で申請者が住民登録をしている都道府県のパスポートセンターで発行する場合と、海外の日本大使館や領事館で発行する場合があります。

日本国内でパスポートを発行した場合

パスポートの最終ページ、左上にある交付官庁〇〇〇〇の数字でパスポートの発行都道府県を確認することができます。
最初の2桁が発行都道府県を著します。
下記表を参照ください。

※インドビザ申請では、住民登録している都道府県でビザ申請管轄(東京インド大使館か大阪インド総領事館)が決まります。
※インドビザ申請では、申請者のパスポート発行地と住民登録の都道府県は同一であることを前提として手続きしています。
この二つの用件が異なる管轄、例えば、住民登録が東京都(管轄は東京インド大使館)で、パスポート発行地が大阪府(管轄は大阪インド総領事館)の場合、住所確認書類として、追加書類を求められることがあります。

※管轄条件なしのインドe-VISA観光のビザ有効期間が5年へ拡大!(2019年8月30日申請分から)お申込みはこちらから

  • インド観光e-VISAの有効期間が従来の1年から5年へ延長されました
  • インド観光e-VISAとインド商用e-VISA8,800円令和キャンペーン7,000円!、会議、治療e-VISA10,450円いずれも実費消費税込みでお求めやすくなっています!※緊急対応を除く
  • 春(4~6月)申請限定の短期30日間以内観光Eビザも新設されました
  • 必要書類は証明写真やパスポート画像の電子データ提出だけで済むので書類郵送などの手間が省けます!

インドe-VISA申請時の必要書類や所要日数などの詳細とお申込みは、下記ページリンクでご確認ください。

インド緊急渡航にも対応インドe-VISAビザ申請について

パスポート交付官庁(都道府県)番号一覧とインドビザ申請管轄区分について

パスポート交付官庁(都道府県)番号一覧とインドビザ申請管轄
東京インド大使館管轄の地域 大阪インド総領事館管轄の地域
01 北海道 24 三重県
02 青森県 25 滋賀県
03 岩手県 26 京都府
04 宮城県 27 大阪府
05 秋田県 28 兵庫県
06 山形県 29 奈良県
07 福島県 30 和歌山県
08 茨城県 31 鳥取県
09 栃木県 32 島根県
10 群馬県 33 岡山県
11 埼玉県 34 広島県
12 千葉県 35 山口県
13 東京都 36 徳島県
14 神奈川県 37 香川県
15 新潟県 38 愛媛県
16 富山県 39 高知県
17 石川県 40 福岡県
18 福井県 41 佐賀県
19 山梨県 42 長崎県
20 長野県 43 熊本県
21 岐阜県 44 大分県
22 静岡県 45 宮崎県
23 愛知県 46 鹿児島県
47 沖縄県

海外でパスポートが発行された場合

海外で発行されたパスポートは、顔写真ページの「旅券番号(パスポート番号)」に「TZ」とか「MZ」とか、「Z」が含まれていることで確認できます。
発行場所は、同ページ中の「発行官庁/Authority」に記載されています。

この場合、インドビザの申請管轄は、住民登録している都道府県で決まります。

まとめ インドビザ申請先の決定 東京申請?大阪申請?

インド・レギュラービザ申請では、基本的に住民登録している地域によって、東京か大阪か申請先が振り分けられます。
区分は下記のとおりです。

  • 東京インド大使館管轄;上記表の1~23都道県ならびに47沖縄県に住民登録している方
  • 大阪インド総領事館管轄;上記表の24~46の府県に住民登録している方

※海外で発行されたパスポートを持つ申請者のインドビザ申請管轄は、住民登録している都道府県で決まります。
※海外在住の日本国籍の方で日本でインドビザを申請する場合は、都合のよい申請管轄をご判断ください。
※転勤や就職などで申請者のパスポート発行都道府県と現在の住民登録の都道府県が異なる場合、住民票や本人名義の公共料金支払い領収書などを求められることがあります。
ただし、パスポート発行都道府県と住民登録都道府県が同一管轄のままである場合は、追加書類提出の必要がありません。
※上記に関わらず、大阪管轄での申請では、住所確認のために運転免許証、住民表などを提出しています。

管轄条件なしのインドe-VISA観光・商用 ビザ条件大幅緩和!詳細とお申込みはこちらから

  • インド観光e-VISAは、大使館レギュラービザ条件を大幅に超え有効期間5年間マルチ/インド連続滞在179日間へ
  • インド商用e-VISAも、365日間マルチ/インド連続滞在179日間へ
  • インドe-VISA申請では、ビザ申請先の管轄区分はございません。
  • 必要書類は画像、文書ファイルの提出で済むので、書類郵送などの手間が省けます!

インドe-VISA申請時の必要書類や所要日数などの詳細とお申込みは、下記ページリンクでご確認ください。

インド緊急渡航にも対応インドe-VISAビザ申請について

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.