インド、バングラデシュ、ベトナムのビザ申請はビザ申請.JPへ!

インドビザ却下やインド渡航禁止について

インドビザ却下とインド国内法違反

インドへの渡航者増加に伴い、2018年10月からインドビザ申請時に「インド渡航の適格性」を審査する6つの質問事項が追加されました。 インド入国前のビザ申請において申請者に「インド渡航の適格性」を欠く背景があるとビザ却下となってしまうおそれがあります。 また、インド入国後、故意、過失に関わらず、不法就労や不法残留(オーバーステイ)、税金未納など、インド国内で法律違反すると罰金や強制退去の末ビザ無効となってしまいます。

VISA TIPS!速報!インド政府の渡航制限 2020年3月22日付
2020年3月22日更新。
  1. 2020年3月22日00:01 GMT 2020年3月29日00:01 GMTまでインドへのフライト停止
  2. すべてのビザとe-VISAは2020年4月15日まで停止
    ※外交、公用、国連/国際機関、就労、プロジェクトビザを除く
    ※エアラインクルーを除く
  3. OCIカード所持者のビザ免除措置を停止
  4. 2020年2月15日以降に中国、フランス、ドイツ、イラン、イタリア、韓国、スペインで滞在・乗継ぎした渡航者は、最低14日間隔離対象
  5. 日本、韓国国籍に向けたアライバルビザを停止
  6. 乗客は到着時に自己申告書を二重に記入する必要があります
  7. すべての乗客は到着時に徹底的な医療検査を受けなければなならない
  8. 2020年3月5日以降に発行されたビザでイタリア、韓国からインドに到着する渡航者は、イタリアまたは韓国の認可された検査機関で新型コロナウイルス陰性である旨の健康証明提出が必要
    1. 時々刻々と変わる非常事態下ではインド渡航出発前に搭乗予定の航空会社や政府関係諸機関へ事態の推移や状況を確認いただくことを強くお勧めいたします。
      弊社ではインドビザ申請再開に備えお申込みや必要書類のチェックについては通常通り受け付けております。
      インドビザのお申し込みはTEL03-5842-8896 ビジターズサービス部へ! ※インドを含む各国の渡航制限については下記ページをご覧ください。
      新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大阻止に向けた各国政府の渡航制限について ※随時更新中

VISA TIPS!日本国籍渡航者に対するインドe-VISA発給停止について 2020年3月2日付

2020年2月27日、インドは、日本国内の新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大を受け、 日本をはじめイタリア、イラン、韓国国籍渡航者に対するインドe-VISA申請/承認ならびにインド入国時のビザ発給を停止しました。
更に、2020年2月27日以前に承認されたインドE-VISAで、そのビザでのインド入国が初回となる場合、インドの入国は拒否されます。
つまり、インドe-VISA承認書Electronic Travel Authorization (ETA)では入国できないことを意味します。
このような渡航制限の中、昨日3/1弊社のお客様からETAでのインド初回入国ができた旨連絡をいただきました。
したがって、このように刻々と変わる非常事態下ではインド渡航出発前に搭乗予定の航空会社や政府関係諸機関へ事態の推移や状況を確認いただくことを強くお勧めいたします。
※この情報は2/28午前ANA全日空から入手しています。
※新型コロナウイルス感染拡大により、突然の検疫強化、渡航制限のため情報が錯綜しておりますのでインド渡航前に搭乗予定の航空会社や大使館へ再確認いただくことをお勧めいたします。
この度のインド渡航制限対処方法として、
1.インドE-VISA自体は有効であるため(2020年2月28日現在)渡航制限解除後にインドへ渡航する。(渡航延期)
2.インド大使館または領事館でレギュラービザを申請する。
などが考えられます。
何かご不明な点、ご要望等ございましたらご連絡いただけますようお願い申し上げます。
※インドを含む各国の渡航制限については下記ページをご覧ください。
新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大阻止に向けた各国政府の渡航制限について ※随時更新中

1.インド渡航前のビザ申請時における「インド渡航の適格性」の質問

1-1.インド渡航の適格性の質問と審査

2018年10月インドビザ申請から下記質問事項が追加されました。

  1. 自国はもちろんすべての国において、逮捕・起訴され有罪判決を受けたことがあるか?
  2. これまですべての渡航国において、入国拒否や国外退去となったことがあるか?
  3. 人身売買、薬物取引、児童虐待、女性犯罪、経済犯罪、金融詐欺行為に従事したことがあるか?
  4. サイバー犯罪、テロ活動、暴動、諜報、虐殺、政治的殺害、その他の暴力行為があるか?
  5. テロリストの暴力を正当化したり賞賛したり、他人にテロ行為やその他の重大な犯罪行為を扇動したことがあるか?
  6. すべての国に対して亡命を求めたことがあるか?

申請者に上記6つの質問に該当する背景が一つでもある場合、インド領事は申請者に対し追加書類の提出を要請します。 インド領事は提出書類を審査し「申請者は、自国(インド)への渡航適格性を欠く」と判断するとビザ申請は却下となります。

1-2.インドビザ却下はe-VISAやアライバルビザ申請にも波及する

インド大使館やインド領事館で上記理由によりビザを却下された場合、その後インドe-VISAやアライバルビザなど申請方法を代えてもビザ発給は困難です。

2.インド渡航後のインド国内法違反では?

インド国内で不法就労や不法残留(オーバーステイ)などインド国内法に違反すると罰金を課せられり渡航禁止となります。 また、悪質な場合は拘留・収監されます。

2-1.罰金

インド移民法違反では、状況により異なりますが、最低USD300~500の罰金が課せられます。 例;不法残留(オーバースティ)の場合

  • 不法残留(オーバースティ)2年以上の場合;罰金USD500(USD500※)
  • 不法残留(オーバースティ)91日以上2年未満の場合;罰金USD400(USD200)
  • 不法残留(オーバースティ)90日以内の場合;罰金USD300(USD100)

※( )は、バングラデシュ、パキスタン、アフガニスタン国籍に対する罰金です

2-2.インドへの渡航禁止期間

インド移民法違反ではインドから日本へ強制送還後一般的に5年間はインドに入国することできません。

3.最近のインドビザ却下やインド渡航禁止事例

3-1.大麻取締法違反により執行猶予中にインドビザを申請したが却下された

申請者は執行猶予期間中に観光ビザを申請し判決謄本(英訳付)やその他必要書類を追加提出し審査されたが、おおよそ2週間後に却下された

3-2.20年前の傷害事件を申告し審査面談後ビザが発給された

申請者には20年前に傷害容疑で逮捕・起訴により有罪判決となった背景があったが、インド領事と面談の上、ビザが発給された。

3-3.インドで勤めていた会社が倒産したため帰国、税金未納状態のためビザ却下となった

その方の所得税は勤め先会社が本人に代わって納めていたが倒産により未納状態になっている。 その後別の会社からのオファーでインドビザを申請したが、税金未納を理由にビザ却下となってしまった。

3-4.観光e-VISAでインドへ入国したが勘違いからオーバーステイとなり強制送還された。※2019年3月17日以前の事例

観光e-VISAでの滞在期間は最長60日(2019年3月17日以前発給のE-VISA)ですが、レギュラービザの滞在期間90~180日と勘違いし滞在していた。 そのため出国時に不法残留オーバースティを指摘され短期間の拘留と罰金を支払いインドを出国した。 その6か月後ビザを再申請したが却下となった。 ※2019年3月18日以降、日本国籍渡航者に対して発給される商用または観光EVISAは179日までの連続滞在が認められています。 ※国籍により連続滞在89日以内の場合もあります。

3-5.インドe-VISAを申請したがパスポート画像に問題があり却下された

単に書類不備ということで却下されたに過ぎず、インド渡航禁止には及びません。 インドe-VISAで再申請する場合は、きちんとした申告、鮮明な書類のアップロード、そして支払いができれば承認されるでしょう。 それでも承認されない場合は、最寄りのインド大使館や領事館で申請しましょう。 弊社では、インドe-VISAはもちろんのこと、インド大使館、大阪領事館申請のビザ申請の代行を取り扱いしています。

4.インド政府による新型コロナウィルスCOVID-19感染拡大に伴う渡航制限について

インド政府では、新型コロナウィルスCOVID-19の感染拡大を受け下記渡航制限を発動しています。

4-1.渡航制限の対象者や制限内容など</h5) 2020年2月5日から中国国籍及び中国国籍以外の中国居住者に対するインドe-Visa発給を停止しました。 更に、2020年2月5日までに承認されたインドe-Visaも無効化されています。 また、インド政府の声明では、インドe-Visaを却下または無効化された申請者はインドレギュラービザ(大使館ビザ)を申請するよう促していますが、2月12日現在、オンラインでのレギュラービザ申請書作成ができないため事実上レギュラービザであっても申請できない状況にあります。 新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大に伴う各国の対応について ※随時更新中 ※随時更新中

※インドe-VISA観光のビザ有効期間が5年へ拡大!(2019年8月30日申請分から)お申込みはこちらから

    • インド観光e-VISAの有効期間が従来の1年から5年へ延長されました
    • インド観光e-VISA8,800円、商用、会議、治療e-VISA10,450円いずれも実費消費税込みでお求めやすくなっています!※緊急対応を除く
    • 春(4~6月)申請限定の短期30日間以内観光Eビザも新設されました
    • 必要書類は証明写真やパスポート画像の電子データ提出だけで済むので書類郵送などの手間が省けます!
    • インド移民に関する詳細は、下記インド移民局のサイトで確認してください

インド移民局BUREAU OF IMMIGRATION INDIA

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.