中国ビザ 種類と取得方法

2024年3月16日

中国ビザの概要

このページでは、中国、正式名称;中華人民共和国 People’s Republic of China へ渡航する際のビザの種類や取得方法、またビザ免除の条件についてわかりやすく説明しています。
ビジターズサービス部では、お客様に代わって各国のビザ申請を手続きすることにより、大使館や領事館から最新のビザ情報を入手し本サイトへフィードバックしています。

1.中国ビザの種類

1-1.中国ビザの取り扱いについて

駐日中国領事館/中国ビザ申請サービスセンターで申請可能なビザは、下記のとおりです。

  • 中国観光ビザ
    VISA TYPE:L 観光を目的とした訪中
  • 中国商業・貿易ビザ
    VISA TYPE:M 商業、貿易活動を目的とした訪中
  • 中国交流・訪問ビザ
    VISA TYPE:F 技術開発提携や訪問、交流など非営利活動を目的とした訪中
  • 中国親族訪問ビザQ1 2親等以内の家族
    VISA TYPE:Q1 中国市民や中国永住権所持者の2親等までの家族。180日以上の滞在が可能
  • 中国親族訪問ビザQ2 上記以外の親族
    VISA TYPE:Q2 中国市民や中国永住権所持者の親族。180日以内の滞在。
  • 中国就労ビザ
    VISA TYPE:Z 就労目的。
  • 中国就労者または留学者の随行家族ビザ
    VISA TYPE:S1 対象家族は、配偶者、両親、18歳未満の子、配偶者の両親。180日以上の滞在が可能。
  • 中国就労者または留学者の随行家族ビザ
    VISA TYPE:S2 対象家族は、配偶者、両親、配偶者の両親、子ども、子どもの配偶者、兄弟姉妹、祖父母、孫。180日以内の滞在。
  • 中国長期留学ビザ
    VISA TYPE:X1 180日以上の留学目的
  • 中国短期留学ビザ
    VISA TYPE:X2 180日以内の留学目的
  • 中国乗務員ビザ
    VISA TYPE:C フライトクルーや船員、鉄道乗務員として中国に入国する方
  • 中国人材ビザ
    VISA TYPE:R 高度な外国人材
  • 中国永住ビザ
    VISA TYPE:D 中国に永住する方
  • 中国通過トランジットビザ
    VISA TYPE:G 中国で乗継ぎ目的
  • 中国記者ビザ
    VISA TYPE:J 報道、商業撮影、メディア関係者

2.中国ビザの取得方法

2-1.中国大使館や領事館でビザを取得する Regular Visa

一般的なビザ申請方法です。 繁忙期は早めに手続きしましょう。
中国ビザの申請場所は、申請者が居住する都道府県を管轄する中国ビザ申請センターや領事館で手続きします。
申請者の居住地を管轄する領事部以外では、ビザの申請はできませんのでご注意ください。

大使館・領事館申請場所住所ビザ申請を管轄する都道府県申請表作成サイト
中華人民共和国駐日日本大使館
有明ビザ申請センター
東京都江東区有明3-7-26
フロンティアビルB棟12F
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県、長野県、山梨県、静岡県東京管轄エリア 中国ビザ申請サービスセンター
中華人民共和国駐大阪総領事館
大阪ビザ申請センター
大阪府大阪市中央区博労町3-3-7 ビル博丈9F大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、愛媛県、高知県、徳島県、香川県、広島県、島根県、岡山県、鳥取県大阪管轄エリア 中国ビザ申請サービスセンター
中華人民共和国駐名古屋総領事館
名古屋ビザ申請センター
愛知県名古屋市中区錦1-5-11 名古屋伊藤忠ビル4F-413愛知県、岐阜県、福井県、石川県、富山県、三重県名古屋管轄エリア 中国ビザ申請サービスセンター
中華人民共和国駐福岡総領事館福岡市中央区地行浜1-3-3福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、鹿児島県、宮崎県、沖縄県、山口県COVA CHINA ONLINE VISA APPLICATION
中華人民共和国駐札幌総領事館北海道札幌市中央区南13条西23丁目5-1北海道、青森県、秋田県、岩手県
中華人民共和国駐長崎総領事館長崎県長崎市橋口町10-35長崎県
中華人民共和国駐新潟総領事館新潟県新潟市中央区西大畑町5220-18新潟県、福島県、山形県、宮城県

2-2.中国電子ビザE-visaをオンライン申請する Electronic Visa

現在のところ、中国政府による電子ビザの運用は確認されていません。

2-3.中国ビザ アライバルビザの運用について Visa on Arrival

現在のところ、中国政府によるアライバルビザを運用は確認されていません。

2-3.中国 電子渡航認証ETAの運用について Electronic Travel Authorization

現在のところ、中国政府による電子渡航認証ETAの運用は確認されていません。

3.日本人が中国へビザなし(査証免除)渡航する条件とは?

2024年現在、中国へのビザなし渡航はできません
2020年3月以降現在に至るまで、中国へのビザなし渡航は停止中です。渡航するためには、ビザが必要です。

ビジターズサービス部からのお知らせ

ご注意
ビジターズ・サービス部が運営するビザ申請.jpサイト(以下、「当サイト」)をご利用される方におかれましては、、「当サイト」利用規約をご確認いただいたうえで、利用者ご本人の自己責任にて閲覧および使用されるものであり、ビジターズ・サービス部は、「当サイト」を利用したことにより発生したいかなる損害に関して一切の責任を負いません。
「当サイト」利用規約はこちら
「当サイト」の利用者ご本人は、渡航計画を立てる段階で、ツアーやフライト、ホテルなどを予約する前に訪問予定国(または乗継国)の出入国条件を直接当該国公館へ確認いただくことをお勧めいたします。

Posted by wpmaster