ミクロネシアビザ 種類と取得方法

ミクロネシアビザの概要

このページでは、ミクロネシア、正式名称;ミクロネシア連邦 Federated States of Micronesia へ渡航する際のビザの種類や取得方法、またビザ免除の条件についてわかりやすく説明しています。
株式会社インソリューションズ、ビジターズサービス部では、お客様に代わって各国のビザ申請を手続きすることにより、大使館や領事館から最新のビザ情報を入手し本サイトへフィードバックしています。

VISA TIPS! 日本人のミクロネシア観光・商用渡航はビザ不要!
ミクロネシアへ日本人が観光や商用を目的として渡航する場合は、事前のビザ取得は免除されています。その条件は3.日本人がミクロネシア連邦へビザなし(査証免除)渡航する条件とは?をご覧ください。
VISA TIPS!各国の新型コロナウイルス感染状況と渡航制限について

1.各国の新型コロナウイルス感染状況 ※ほぼ最新

渡航国のCOVID-19新型コロナウイルス感染状況を確認できます。
ジョンズホプキンス大学提供「世界の新型コロナウイルス感染状況」

2.各国の渡航制限状況 ※ほぼ最新

各国の渡航制限状況を確認できます。
IATA国際航空運送協会 TIMATIC提供「世界の渡航制限」
※地図上で目的国をクリックするとその国の渡航制限が確認できます。
※ブラウザの翻訳機能をご利用ください。
※渡航目的により制限内容が変わる場合があるので、詳しくは渡航国領事部(ビザ課)、関係諸機関へ確認ください。

1.ミクロネシアビザの種類

駐日ミクロネシア大使館で申請可能なビザは下記のとおりです。

  • ミクロネシア観光ビザ
  • ミクロネシア商用ビザ
  • ミクロネシア学生ビザ
  • ミクロネシア商用ビザ
  • ミクロネシア雇用・労働ビザ
  • ミクロネシア投資ビザ
  • ミクロネシア研究者ビザ
  • ミクロネシア宣教師ビザ
  • ミクロネシア家族ビザ
  • ミクロネシア外交・公用ビザ

※取材ビザは発行しないが、取材の場合は入国予定日の1ヵ月半以上前に取材クルー規模を申告しておく必要があります。

2.ミクロネシアビザの取得方法

2-1.ミクロネシア大使館でレギュラービザを取得する Regular Visa

一般的なビザ申請方法です。

2-2.ミクロネシアビザEVISAの運用について Electronic Visa

現在のところ、ミクロネシア政府によるビザ電子化の運用は確認されていません。

2-3.ミクロネシアビザ アライバルビザの運用について Visa on Arrival

ミクロネシア政府では、自家用ジェットやボート、遭難船の乗組員に対し、30日間の滞在をアライバルビザを許可する場合があります。

2-4.ミクロネシア 電子渡航認証ETAの運用について Electronic Travel Authorization

現在のところ、ミクロネシア政府による電子渡航認証ETAの運用は確認されていません。

2-4.ビザ発給までの大まかな流れ

1.お客様~お伺い書を提出いただきます
お伺い書(お申込みフォーム)をWEB送信、FAXにて提出いただきます。
プライバシーポリシーにご同意の上お申し込みください。
arrow
2.弊社~請求書と取得スケジュールをご案内します
弊社で受付しましたら、請求書とビザまたは渡航認証取得スケジュールをご案内します。
arrow
3.お客様~お支払いと必要書類を提出いただきます
指定期日までにお支払いと必要書類提出手続きをお済ませください
※お支払い方法は、銀行振込またはクレジットカードを利用できます
※必要書類の提出は、弊社店頭または郵送やFAX、eメールなどで受け付けています。
支払い方法はこちら
利用規約を必ずお読みください
arrow
4.弊社~ビザ(または渡航認証)申請
ご入金や必要書類が揃いましたら速やかに申請手続きをいたします。
arrow
5.弊社~ビザ付パスポート返却、渡航認証承認を通知します
ビザ(または渡航認証)を取得しましたら、速やかにビザ付パスポートを返却または承認通知をご案内いたします。
お客様への受け渡しは、弊社店頭、郵便ゆうパック(送料受取人払い)、eメール、FAXなどがあります。
arrow
6.手続き完了!
お客様はビザ(または渡航認証)を確認し手続き完了です。 よいご旅行になりますように!

3.日本人がミクロネシア連邦へビザなし(査証免除)渡航する条件とは?

日本国籍渡航者が、ミクロネシアビザを申請・取得することなくミクロネシア連邦に入国するためには下記条件を満たしている必要があります。

3-1.ミクロネシア入国の目的

  • 30日以内の観光目的
  • 30日以内の添乗員としての滞在目的
  • 外交、公用目的

3-2.パスポートの残存有効期間

ミクロネシア入国時120日+滞在日数以上残っている必要があります。

3-3.パスポート査証欄の未使用ページ

1ページ以上必要です。

3-4.その他の条件

ミクロネシア入国時、ミクロネシア出国用航空券や切符などの提示が必要です。

Topics 太平洋地域ビザ最新情報

現在のところありません

ビジターズサービス部からのお知らせ

ご注意
株式会社インソリューションズが運営するビザ申請.jpサイト(以下、「当サイト」)をご利用される方におかれましては、、「当サイト」利用規約をご確認いただいたうえで、利用者ご本人の自己責任にて閲覧および使用されるものであり、株式会社インソリューションズは、「当サイト」を利用したことにより発生したいかなる損害に関して一切の責任を負いません。
「当サイト」利用規約はこちら
「当サイト」の利用者ご本人は、渡航計画を立てる段階で、ツアーやフライト、ホテルなどを予約する前に訪問予定国(または乗継国)の出入国条件を直接当該国公館へ確認いただくことをお勧めいたします。